過去の催し物・展示会

2019年

企画展 藤木 貴子 日本画展

松本紙店からのお知らせ・新着情報


ギャラリーMOS ギャラリーMOS ギャラリーMOS

企画展 藤木 貴子 日本画展
【日時】2019年3月23日(土)~3月31日(日)

【作家コメント】
もともと頭でいろいろと考えて絵を描くことが多かったのですが、近頃マイペースに制作できるようになってから、本画よりもスケッチに自分の中の気持ちの高揚を感じることに気づきました。頭ではなく、目で観て感じて、美しいと思ったものを美しく描く。自分はシンプルにそれでいいのだな、と今は思って制作しています。そうしてスケッチをした中からイメージの湧いたものを本画へと描き起こしています。今回の個展では100号の日本画大作から、水彩のスケッチまで25点余りを展示予定ですので、是非ご高覧くださいませ。

【略歴】
三重県生まれ。2015年東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業。
13・14年に第19・22・23回三菱商事アート・ゲート・プログラム入選。 19年に月刊美術 美術新人賞「デビュー」
2019 奨励賞受賞。15・16・18年に銀座かわうそ画廊にて個展開催。他グループ展多数。

企画展 大西佑一 陶展 「トキ、時々」

松本紙店からのお知らせ・新着情報


ギャラリーMOS ギャラリーMOS ギャラリーMOS

企画展 大西佑一 陶展 「トキ、時々」
【日時】2019年2月23日(土)~3月3日(日)

【作家コメント】
日々、土と釉薬の表情に向き合い、作品づくりをしています。

素材に触れて、イメージをカタチにしていく。
土を練り、手を加え、火の力を借りてヤキモノへ。

作品として生まれるまでの過程には様々な要因が重なり変化が起こります。

手を加える過程や乾燥させる段階、
そして一度私の手の中から離れ、窯の中でヤキモノになる作品たちは
時に、私の意図する方向へ向かうモノと、
そうではない方向へと向かっていくモノが現れます。

私はその中で素材と対話する。
今展では その時々に出逢った作品たちを中心に展示いたします。

故郷、熊野で採石される那智黒石を調合した釉薬のカラーとともにそれぞれ個性ある土の表情をお楽しみいただければ幸いです。

大西 佑一


【略歴】
1993 三重県熊野市生まれ
2015 「第10回CBC翔け!二十歳の記憶展」準グランプリ受賞
東海、関東で個展開催、グループ展等 多数参加
現在は愛知県を拠点に制作を行う


企画展 「日展作家×MOS」

松本紙店からのお知らせ・新着情報

ギャラリーMOS ギャラリーMOS ギャラリーMOS

ギャラリーMOS

企画展 「日展作家×MOS」
【日時】2019年2月2日(土)~17日(日)

【出品作家(敬称略)】
北島 修 ・ 島次 逸郎 ・ 野口 巳緻子 ・ 山守 良佳


「素描展 - 2019 - drawings exhibition 2019」

松本紙店からのお知らせ・新着情報

「素描展 - 2019 - drawings exhibition 2019」
【日時】2019年1月12日(土)~16日(水)

【出品作家(敬称略・50音順)】
足立 徹 ・ 岩佐 義寛 ・ 櫻井 拙朋 ・ 下村 雄三 ・ 中西 徹 ・ 前村 実 ・ 森嶌 昌行

 

メールでのお問合せ